オフィス移転を効率良くする|スムーズビジネス引越センター

女性

都心に格安オフィスを持つ

1人起業に格好のサービス

案内

商法の改正など周辺環境が整ってきたこともあり、近年ではたった1人で起業し、会社を設立する人も増えてきています。こうした風潮を受け、小規模事業者を支援するための新しいサービスも続々と生まれています。そんな中、今後とも需要が拡大するものと見込まれているのが、バーチャルオフィスです。バーチャルオフィスとはオフィススペースを提供するのではなく、オフィスの機能のみを提供するというサービスです。具体的には、サービス事業者と契約することでその事業者の所在地を自らのオフィス所在地として標榜できるというものです。その所在地あてに届いた郵便物等は取り置きまたは転送してもらえますし、物件によっては登記上の所在地とすることも可能です。

低料金で事業拠点を確立

現在、バーチャルオフィスのサービスは東京などの都市部を中心に提供されています。これには主として2つの理由があります。1つは、東京などの名だたるビジネスエリアにオフィスを構えることは、社会的信用を得るのに有利であるということです。そしてもう1つは、東京等の都市部のオフィス賃料は非常に高額であるため、特に小規模事業者や開業間もない者にとっては費用負担が困難であるということです。バーチャルオフィスを利用すれば、極めて低廉な利用料金を支払うだけで堂々と「事業拠点は東京にある」と宣言することができるようになります。また、いわゆるSOHOスタイルで自宅をオフィスにしている人も、バーチャルオフィスを利用することで仕事とプライベートを明確に区別することが可能になります。